己の為に金は鳴る

株式投資の投資日記

day report

投資日報: 10月の実質初回取引は2銘柄-9万円の損切り失敗

投稿日:2020-10-03 更新日:


概要
項目 内容
取引日時 2020-10-02 Fri 09:00-10:00, 14:00-15:00
取引回数 41回
投資結果 -20930円
売買銘柄
  1. +0.2万円100株704円: 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
  2. +0.7万円27株20700円: 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
  3. +0.5万円200株3740円: 2160 ジーエヌアイグループ
  4. -0.5万円200株1923円: 2334 イオレ
  5. -2.6万円300株2900円: 2373 ケア21
  6. -4.6万円300株3280円: 2925 ピックルスコーポレーション
  7. +0.5万円600株1374円: 4433 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス
  8. +2.4万円100株7950円: 4478 フリー
  9. +0.7万円3000株296円: 4833 ぱど
  10. +1.3万円100株5020円: 6030 アドベンチャー
  11. -4.1万円400株2398円: 6549 ディーエムソリューションズ
  12. +0.5万円300株3450円: 6580 ライトアップ
  13. -1.0万円400株2400円: 7061 日本ホスピスホールディングス
  14. -0.3万円400株134円: 7610 テイツー
  15. +1.0万円600株1179円: 7687 ミクリード
  16. +3.2万円100株4410円: 9360 鈴与シンワート
新規保有銘柄
  1. 50株20390円: 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
  2. 400株2699円: 2352 エイジア
  3. 100株792円: 7040 サン・ライフホールディングス
  4. 600株1777円: 7320 日本リビング保証
  5. 1500株668円: 7337 ひろぎんホールディングス
  6. 1000株754円: 7338 インヴァスト
  7. 100株520円: 8214 AOKIホールディングス
  8. 700株1086円: 9685 KYCOMホールディングス
継続解除銘柄
  1. +0.2万円100株704円: 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
継続保有銘柄
  1. 400株704円: 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
  2. 23株20700円: 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
  3. 100株301円: 2762 三光マーケティングフーズ
  4. 1000株289円: 3751 日本アジアグループ
  5. 400株2248円: 9432 日本電信電話
  6. 200株1923円: 2334 イオレ
  7. 100株5020円: 6030 アドベンチャー
  8. 100株23円: 6628 オンキヨー
塩漬解放銘柄
  1. -0.3万円400株134円: 7610 テイツー
新規塩漬銘柄
塩漬銘柄
  1. 200株2979円: 3135 マーケットエンタ
  2. 100株6180円: 4393 バンク・オブ・イノベーション
  3. 100株3975円: 4424 Amazia
  4. 800株594円: 5284 ヤマウ
  5. 1400株134円: 7610 テイツー

結果は-20930円で終わった。損切りに失敗した1日だった。

この日の日経平均は上がって始まったものの,右肩が下がりで下がり続け,14:00頃にアメリカのトランプ大統領の新型コロナウイルス感染症感染の報道を受けて一気に下がって終わった。昨日の取引所の終日取引停止に続く,波乱の1日だった。

この日は特に以下の3銘柄で大きな損が発生した。

  1. -2.6万円300株2900円: 2373 ケア21
  2. -4.6万円300株3280円: 2925 ピックルスコーポレーション
  3. -4.1万円400株2398円: 6549 ディーエムソリューションズ

それぞれの敗因を分析する。

まず2373 ケア21のチャートは以下の通りだ。

2373 ケア21の日足と1分足

前日終値の2900円で300株買付し,始値の2811円で全て手放した。この日は上下に値動きしたのもあり,損失額も-2.6万円とぎりぎり許容範囲だ。寄成で始値で全て手放した以上,無難な損切りだった。2373 ケア21に関してはそこまで悪い取引ではなかった

問題は残り2銘柄の損切りだった。

まず,2925 ピックルスコーポレーションのチャートを以下に掲載する。

2925 ピックルスコーポレーションの日足と1分足

前日終値の3280円で300株購入し,始値の3280円で100株,残り200株を下がりきった3050円で手放してしまった。特に最後の200株の処理が失敗し,これで-4.6万円の損切りになった。

右肩上がりになっており,強気に200株を寄成ではなく逆指値で注文していたのだが,逆指値の値段を貫通して一気に値下がってしまい,処理に困ることになった。寄付き後の動きを注視していると,売りが弱かったのでまた盛り返すと判断して,保有していた。実際前場の引け前には3200円くらいまで上げ直した。しかし,その後下がり続けてしまった。

前日に上ヒゲを付けていたため,売りが強いと判断して寄成で全て手放すべきだった。あるいは,300株の内200株を寄成で手放すなどすべきだった。

最後の6549 ディーエムソリューションズも2925 ピックルスコーポレーションとほぼ同じ負けパターンだった。チャートを以下に記す。

6549 ディーエムソリューションズ

前日終値の2398円で400株買付し,200株を始値2348円,残り200株を下がりきった2245円で手放して-4.1万円の損切りになった。

こちらも前日に上ヒゲを付けていたため,全て寄成で手放す方向で取引すべきだった。

日経平均が下がったこともあり,長期保有株主優待目的で以下の2銘柄を買付した。

  1. 100株792円: 7040 サン・ライフホールディングス
  2. 100株520円: 8214 AOKIホールディングス

特に7040 サン・ライフホールディングスは前日に材料不明の謎のストップ安だったため,お買い得と思いエントリーした。

14:00頃にトランプ大統領の新型コロナウイルス感染症感染報道があり,市場の動向が読めなくなった。そのため,買付は少なく慎重に仕込んだ。

10月の実質初回の取引で早速失敗をしてしまった。懲りずに負けを分析して次回に備えたい。

-day, report
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資日報: 寄り付き直後のエントリーは高値掴みに要注意!

概要 項目 内容 取引日時 2020-08-24 Mon 09:00-10:30, 14:30-15:00 取引回数 27回 投資結果 +823円 取引銘柄 2160 ジーエヌアイグループ 3300 …

投資日報: 大負けはないものの目立った勝ちがない連敗

概要 項目 内容 取引日時 2020-10-13 Tue 09:00-10:00, 14:00-15:00 取引回数 57回 投資結果 -33391円 売買銘柄 +0.1万円100株684円: 135 …

投資日報: ストップ高の順張りで最高成績の直近2倍の大幅更新

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-02 Wed 09:00-10:00, 14:30-15:00 取引回数 58回 投資結果 +205299円 売買銘柄 2160 GNI 2345 クシム …

株式投資で資産の20%146万円を溶かした話

YouTube動画で先日の大負け「投資日報: 追証回避のため資産の30 %-146万円の過去最大の損切りを断行した1日 – 己の為に金は鳴る」について自撮りトーク動画を撮影したので,公開した。 自分の …

投資日報: トランプ大統領の様態回復を受けた日経平均反発による手堅い勝ち

概要 項目 内容 取引日時 2020-10-05 Mon 09:00-10:00, 14:00-15:00 取引回数 351回 投資結果 +52127円 売買銘柄 +2.4万円50株20390円: 1 …

About Author

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031