己の為に金は鳴る

株式投資の投資日記

tax

事業所得の確定申告書の貸借対照表の元入金について整理

投稿日:2021-12-31 更新日:

個人事業主で事業所得の確定申告書の中で貸借対照表を作成していくと、「元入金」という見慣れない勘定科目があり、この項目の取り扱いに悩んでいた。

2020年度の確定申告でも悩んだ記憶があり、2021年度の確定申告でもこれがなんだったか忘れてしまい、時間を浪費してしまった。

今後も悩む可能性があるので、次回以降スムーズに進めるために整理する。

この元入金の記入内容は「確定申告書等の様式・手引き等(令和3年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分)|国税庁」の「青色申告者のための貸借対照表作成の手引き」に以下の通りの記載がある。

これが全てなのだが、いくつか補足する。

まず、元入金は法人企業でいう資本金になる。したがって、負債と似たような扱いになる。

そもそも元入金は、個人事業主の場合、事業主借と事業主貸という専用の勘定科目のために用意されているような勘定科目に思う。年度の変わり目で、事業主貸と事業主借の金額を相殺させた残額を考慮するための勘定科目と考えるとよいだろう。

肝心の計算式は、以下のいずれかとなる。値は同じになるのでどちらでも問題ない。

  • 翌期首の元入金=期末の元入金+青色申告特別控除前の所得金額+事業主借-事業主貸
  • 期首の元入金=期首の資産総額-期首の負債総額

やっていることは、事業主貸・事業主借で相殺させた残額を繰り越しているだけだ。

なお、元入金は期をまたぐとき (期末→期首) だけ値が変わるので、貸借対照表の期首と期末の元入金の記入欄は同じ値を入力する。

基本的に元入金は+の値になるのだが、融資などで借入金で発生したお金を事業主貸 (個人の財布) にそのまま流した場合などは-の値になる。これは事業主貸が他の科目よりも大きな値になり、減算した結果マイナスになることからもわかる。

本来ならば、借入金で借入したお金は現金などの何らかの資産になるため、元入金=資本金がマイナスになることはありえないのだが、事業主貸という期末にだけ登場する勘定科目のためにマイナスの値がありえる。

今回、この元入金がマイナスになるケースに自分が該当して、はたして元入金がマイナスになっていいのか不安になって悩んだ。

手引きに書いてある通り、機械的に処理すればいい。意味を理解してしまえばなんてことはない。これで次回以降は迷わずにスムーズに進められるだろう。

-tax

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

e-Taxでの申請に必須の書面での収受日付印相当の取得方法

目次 概要 証明 手順 e-Taxソフト Web 結論 概要 退職報告に記載した通り,昨年の10月から個人事業主として活動している。開業届や確定申告などの事務手続きで,e-Taxによる電子申告で税務署 …

no image

インボイス制度整理

2023年10月からインボイス制度 (適格請求書等保存方式) が始まる。名前はよくみかけるが中身がわかっていなかったので整理する。 情報源 インボイス制度の概要|国税庁 基礎から学ぶ 消費税とインボイ …

no image

税額不変なら確定申告の修正は不要で帳簿との相違もOK

2020年分の確定申告を済まさせた後,経費の計上を間違っており,数百円とわずかだが経費を過大に申告していたことに気付いた。 申請期限を超過していたので,慌てて修正申告を行おうとすると,「納税金額に変わ …

no image

iDeCo移管時のSBI証券の登録番号と運営管理機関名

2019-10-24にSBI証券のiDeCoに加入して2年ほど経過する。 「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に100 %出資しており、拠出金累計1011000円、資産残高1424954円で40. …

About Author

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031