己の為に金は鳴る

株式投資の投資日記

tax

iDeCo移管時のSBI証券の登録番号と運営管理機関名

投稿日:

2019-10-24にSBI証券のiDeCoに加入して2年ほど経過する。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に100 %出資しており、拠出金累計1011000円、資産残高1424954円で40.9 %の利益になっている。成績にはおおむね満足している。

ただ、2020-11-16 Monに「【iDeCo】NASDAQ100ファンドを取扱い開始 | 最新情報 | マネックス証券」にある通り、国内の主要金融機関で初めてマネックス証券がiDeCoでNASDAQのインデックスファンドの取り扱いを始めた。

実はiDeCoは個人年金運用という扱いからか、取り扱い銘柄が限定されている。NASDAQはインデックスファンドの中では最高クラスの運用成績を出せる指数となっている。直近だと3年で60 %の利益を出せており、これを上回るファンドはそうそうない。まして、iDeCoという長期投資で、非課税の恩恵を最大限に受けるためには、パフォーマンスの最も高いファンドに投資することが一番効率がいい。

そこで、年末年始にiDeCoをSBI証券からマネックス証券に切り替えようと書類を請求した。

書類を記入していくと、マネックス証券では移管元 (変更前) の金融機関の登録番号と名称の記入欄があった。名称はわかるとしてもこの登録番号が調べてもわからなかった。電話で問い合わせたところ教えてもらえたので備忘録として掲載しておく。

移管時に必要な情報
登録番号 名称
運用関連運営管理機関 0000223 株式会社SBI証券
記録関連運営管理機関 0000115 SBIベネフィット・システムズ株式会社
運用関連運営管理機関 0000784 マネックス証券株式会社
記録関連運営管理機関 0000011 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社

ついでなので移管後のマネックス証券の情報も掲載した。

マネックス証券がiDeCoでNASDAQを始めてから1年以上経過するが、他社がNASDAQを取り扱う続報はない。この機会にマネックス証券でiDeCoを始めるのがいいと思う。

-tax

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

事業所得の確定申告書の貸借対照表の元入金について整理

個人事業主で事業所得の確定申告書の中で貸借対照表を作成していくと、「元入金」という見慣れない勘定科目があり、この項目の取り扱いに悩んでいた。 2020年度の確定申告でも悩んだ記憶があり、2021年度の …

no image

e-Taxでの申請に必須の書面での収受日付印相当の取得方法

目次 概要 証明 手順 e-Taxソフト Web 結論 概要 退職報告に記載した通り,昨年の10月から個人事業主として活動している。開業届や確定申告などの事務手続きで,e-Taxによる電子申告で税務署 …

no image

税額不変なら確定申告の修正は不要で帳簿との相違もOK

2020年分の確定申告を済まさせた後,経費の計上を間違っており,数百円とわずかだが経費を過大に申告していたことに気付いた。 申請期限を超過していたので,慌てて修正申告を行おうとすると,「納税金額に変わ …

About Author

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031