己の為に金は鳴る

株式投資の投資日記

report report-stock-month

投資月報2022-04: 移動平均線の乖離を見極められず、安易なデイトレによる負け

投稿日:2022-04-29 更新日:

  • 対象年月: 2022-04
  • 入金合計: 100,0000円
  • 月初残高: 102,6948円
  • 月末残高: 102,2036円
  • 月初来: -00.71 %
  • 入金来: +02.20 %
  • 週報: https://twitter.com/senooken/status/1509797392669118464

4月は資源の値動きが若干悪くなったので、原油とコーン以外は手放して、ポジションを調整しながら個別株にも入った。

主に、4/26 Tueに値動きの荒い個別株のREMIXとAppBankに大きく入って、損切して-1、2万円の損切があったため月初来で負けてしまった。やはり自分にはまだデイトレは早かったようだ。

そのほかに、月の中旬あたりに、HENNGE、名村造船、ネットプロHD、MHグループなどの個別株に入っていた。75日移動平均線は下を向いているが、5日移動平均線が75日移動平均線を上抜けるゴールドクロスを形成していたので、逆張りと思って入った。しかし、しばらくしたらまた下がった。その下落を見極められず、含み益があったのに損切で終わってしまった。

そのほか、長く保有している原油も上下を繰り返しており、そこでうまく売買できず、保有するのみだった。

日本の個人投資家でトップに君臨するBNFの投資法である、移動平均線の乖離を活用した投資法がまさに適用できた相場だった。25日移動平均線に対して、5日移動平均線の乖離が大きくなった時に上昇が止まったら、そこが短期の転換点となるので、一旦売却し、25日移動平均線に上からタッチするならば、そのあたりでまた買付するという手法で、往復で利益が取れた可能性があった。

例えば、今月の半ばあたりから買いだした1689 ガスETFがまさにこれの典型的な例だった。

これまではcis式の順張り投資だけで、移動平均線の乖離はあまり気にしていなかった。次回からは短期の相場の転換点、売りのタイミングとして、移動平均線の乖離には注意する。

今月は信用取引を5%許可して負けてしまった。2か月連続で負けるまでは、現状維持で5月も月初来で負けるならば、諦めて-5 %する。

今月の負けを来月に生かしたい。

-report, report-stock-month

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資日報: IPO銘柄で負け続けた1週間

概要 項目 内容 取引日時 2020-11-13 Fri 取引回数 101件 投資結果 -44419円 売買銘柄 +2.3万円1400株: 2932 STIフードホールディングス -1.9万円1500 …

投資日報: 10月の実質初回取引は2銘柄-9万円の損切り失敗

概要 項目 内容 取引日時 2020-10-02 Fri 09:00-10:00, 14:00-15:00 取引回数 41回 投資結果 -20930円 売買銘柄 +0.2万円100株704円: 135 …

投資日報: 7月末の信用取引開始直後の6291 エアーテックでの50万円の大負けを返済

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-03 Thu 09:00-10:00, 14:30-15:00 取引回数 51回 投資結果 +152852円 売買銘柄 3138 富士山マガジンサービス 3 …

投資日報: ポジション調整を怠り塩漬けも大量にできた負けの1日

概要 項目 内容 取引日時 2020-10-22 Thu 取引回数 206回 投資結果 -101905円 売買銘柄 +0.2万円300株681円: 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバ …

投資日報: cis流順張りIPOデイトレの確かな最初の一歩を踏み出した1日

概要 項目 内容 取引日時 2020-11-05 Thu 取引回数 158件 投資結果 -1136円 売買銘柄 -2.2万円100株2699円: 3681 ブイキューブ +0.2万円11400株: 4 …

About Author

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930