己の為に金は鳴る

株式投資の投資日記

month report

投資月報2021-09: ストップ高投資で月初の勝ちを台無しにした月

投稿日:

  • 対象年月: 2021-09
  • 入金合計: 45,1800円
  • 月初残高: 40,3149円
  • 月末残高: 39,9581円
  • 月初来: 99.11 % (-0.99 %)
  • 入金来: 88.44 % (-12.56 %)

9月は4374 ロボペイメントをネオモバイル証券で1株、4373 シンプレクスホールディングスをSMBC日興証券と松井証券でそれぞれ100株ずつ当選した。4373 シンプレクスホールディングスは前評判が悪い銘柄でしんぱいだったが、蓋を開ければ買い付け1620円で始値1660円、終値2000円と終値ベースだと悪くなかった。うまく2000円くらいで200株さばけた。確実な勝利だった。

月初に6335 東京機械製作所や5820 三ツ星、3936 グローバルウェイあたり、特に東京機械製作所の連続ストップ高にうまくのることができて、一時は残高が46万円にまでなり、入金来がプラスになった。これに味をしめて、投資手法をストップ高投資をメインにした。

しかし、これがよくなかった。ストップ高をつけた銘柄に何も考えずに買いエントリーをするも、寄り付いてすぐに急落。そのまま5日移動平均線が下を向いて損切というのを10銘柄くらい繰り返した。

最後には、月末にそれまで保有していた造船銘柄連続大幅下落に巻き込まれ、損切のタイミングが遅れてそれまでの含み益までも消し飛んでしまった。結局、月初の46万円は徐々になくなって最終的には月初残高-4000円くらいで終わった。

月初に比べれば大きな損ではなく、ここ何か月かの成績としては悪くはなかった。むしろ、資産残高が増えている割にダメージは減っているので前進すらしている。ただ、月初の急騰を目にしているだけに、月末最終日の結果はなかなか堪える内容だった。先月が月末で挽回したのとその逆になった。

月初の連続ストップ高はよかったのだが、それ以降のエントリーが完全に失敗だった。急騰後、急落というのはよくある。急騰直後にエントリーするのではなく、翌日も勢いが続くことを見届けてからエントリーすべきだった。

ようやく勝ち方がわかってきたと思ったところで、まさかの月末の急落で月初を割れこむ残念な結果になった。ただ、あと少しで勝ち方がわかりそうなので、懲りずに来月も頑張りたい。

-month, report

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資日報: 貸借銘柄は初心者にはリスキー

概要 項目 内容 取引日時 2020-08-26 Wed 09:00-10:30, 14:30-15:00 取引回数 60回 投資結果 +2983円 取引銘柄 8316 三井住友フィナンシャルグループ …

投資日報: 人生初の引成注文の行方は?

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-14 Mon 09:00-10:00, 13:30-15:00 取引回数 33回 投資結果 -4224円 売買銘柄 +0.8万円700株: 1447 ITb …

投資日報: GD銘柄は寄成注文での損切りの勇気も必要

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-17 Thu 09:00-10:30, 14:00-15:00 取引回数 86回 投資結果 -26488円 売買銘柄 +0.9万円774円700株: 144 …

中国人女性による香港株投資詐欺に遭いかけた話

YouTube動画にも今回の件について自撮りトーク動画を投稿した。 いつもと毛色を変えて,ここ1か月で中国株投資詐欺に遭いかけた話を記す。なお,TwitterなどのSNSで例の彼女と言及していたのは今 …

投資日報: 米国市場の急落を受けた尚早な損切りで返済はチャラ

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-04 Fri 09:00-10:00, 14:30-15:00 取引回数 32回 投資結果 -78497円 売買銘柄 -0.6万円: 2352 エイジア – …

About Author

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930