己の為に金は鳴る

株式投資の投資日記

month report

投資月報2021-10: 4673 川崎地質と3936 グローバルウェイに翻弄され急落前の撤退の必要性を感じた敗北の月

投稿日:

  • 対象年月: 2021-10
  • 入金合計: 55,2000円
  • 月初残高: 49,9781円
  • 月末残高: 47,4472円
  • 月初来: 94.94 % (-05.06 %)
  • 入金来: 85.96 % (-14.04 %)

先月に引き続き今月も敗北の月となってしまった。

先月は月初の勝ちを急騰銘柄のハイキャッチで全て台無しにしたため、急騰銘柄は翌日の値動きを見定めてからのエントリーが今月の課題だった。

これ自体は改善され、確実に良くなったという感触がある。ただし、急騰銘柄の買い増しを行った結果、途中の急落に巻き込まれてそれまでの含み益を全て台無しにするという大きな取引が2度あった。

中旬頃は含み益で月初来がプラスになったのに、急落に巻き込まれてしまい薄利で終わり、結局マイナスになってしまった。

特に、4673 川崎地質と3936 グローバルウェイが大きかった。

共に、急騰直後に連続ストップ安になっていた。ネオモバイル証券の端株取引では、売買タイミングが限定され、ストップ値の場合、抽選にも参加できない。そのため、途中で逃げ切れずに最後まで付き合うことになる。

寄り付き直後を監視して取引できれば、回避できる問題ではあり、大勝ちできる可能性は高いと感じている。しかし、兼業の身ではそれは難しい。やはり、10-20 %程度のある程度の上昇後、特に最後の急騰後は急落に転じる可能性が高いので、下がる前に撤退する必要がある。

これまでにも同じことがあり、3回目くらいとなるが、しかたない。

また、川崎地質のように出来高や売買代金が小さめの銘柄は特定の大口の売買に値動きが影響されやすく、意味不明な値動きに巻き込まれることがある。やはり、出来高・売買代金の大きめの銘柄で全体のトレンドに乗ることが無難に感じた。

今年も残りあと2か月となるが、これまでの失敗を反省してまずは月初来でプラスになれるようにしたい。

-month, report

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資日報: 若干の塩漬けを解放したものの少なすぎたと後悔した1日

概要 項目 内容 取引日時 2020-10-26 Mon 取引回数 10回 投資結果 -51873円 売買銘柄 -0.6万円400株704円: 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース …

no image

投資日報: 10月の初回取引は全銘柄売買停止の波乱の幕開け

概要 項目 内容 取引日時 2020-10-01 Thu 取引回数 0回 投資結果 +0円 売買銘柄 新規保有銘柄 継続解除銘柄 継続保有銘柄 500株704円: 1357 NEXT FUNDS 日経 …

投資日報: 米国市場の急落を受けた尚早な損切りで返済はチャラ

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-04 Fri 09:00-10:00, 14:30-15:00 取引回数 32回 投資結果 -78497円 売買銘柄 -0.6万円: 2352 エイジア – …

投資日報: 寄り付き直後のエントリーは高値掴みに要注意!

概要 項目 内容 取引日時 2020-08-24 Mon 09:00-10:30, 14:30-15:00 取引回数 27回 投資結果 +823円 取引銘柄 2160 ジーエヌアイグループ 3300 …

投資日報: 9月最後の取引は無難な結果

概要 項目 内容 取引日時 2020-09-30 Wed 09:00-09:30, 14:00-15:00 取引回数 50回 投資結果 +20993円 売買銘柄 +0.2万円500株704円: 135 …

About Author

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031